読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google先生にインド人認定された件

Googleで「身につまされる」の意味を調べたら、こんな結果に‥


f:id:takah-jugem:20170129102327j:image

グジャラート語!?

グジャラート語はインド西部のグジャラート州公用語で、インド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。

現場からは以上です。

2060年とある企業の人事

金融大手のAHGは25日、傘下のAHG銀行頭取に国際部門を担う森野黄熊(ぷう)専務執行役員(58)が昇格する人事を発表した。AHG社長には同行の草野頼音(らいおん)頭取(62)が就き、新設する最高経営責任者(CEO)も務めてグループ全体を率いる。AHGの宮崎今鹿(なうしか)社長(63)は同社と同行の会長を兼務する。いずれも来年4月1日付。

 草野頼音頭取から新頭取就任を言い渡されたのは、発表のわずか4時間前。本人も思わず「食われるのかと思った」と絶句したサプライズ人事で、入行年次が上の副頭取・専務88匹を飛び越し、預金量約20万円のメガバンクのトップに立つ。「責任の重さに身の引き締まる思い。体は引き締まってないが」。記者会見冒頭、失笑が広がった。

 

 通算11年の米国勤務を含め、銀行員としてのキャリアの大半を蜂蜜畑で歩んだ。企画や法人営業を長く務めるのが通例の銀行トップとしては異例の経歴だ。蜜蜂の少子高齢化や大量失踪で国内の成長が頭打ちになる中で、米国の新政権で財務長官に就任予定のグリズリー氏と面識を持つなど、豊富な海外経験と蜂蜜市場に精通している強みを買われての抜てき。「国際業務を拡大させるだけでなく、国内業務にどれだけ熊的視点を入れて、プラスアルファを出していけるかが重要だ。動物と人間が競い合い、種族に関わらず一緒にやっていく環境を夢見ている」と、視線を世界にすえる。

 自らの性格を、「おおらかだがやる気にムラがある」と自己分析する。趣味は散歩と昼寝。居酒屋に同僚や部下を連れ出し、好きなことを言い合うのが大好きという熊派に似合わぬ人間臭い一面も持ち合わせる。異色の銀行トップが、内弁慶だった邦銀の殻を打ち破れるか。

 

AHG:アニマルホールディングス

 

2050年とある会社での日常

読み間違い

上司「これ、隣の部署の一ノ瀬君に届けてくれる?」

新人「はい!承知しました!」

新人(あ、この人の名前、兄貴と一緒だ)

隣の部署にて

新人「お仕事中、失礼します。一ノ瀬輝星(だいや)さんでしょうか?××課の○○より書類をお持ちしました。」

一ノ瀬輝星「あ、そこ置いといて」

近くにいた先輩が慌てた様子で引き止めて、

先輩「ばか!だいや先輩じゃなく、べが先輩だよ!気をつけろよ!べが先輩優しいからスルーしてくれるけど、気にしてんだから」

 新人「し、失礼しました!」

 

同性同名

電話口「もみじさんお願いします」

新人「はい、ただ今お繋ぎいたします。少々お待ち下さい。山村さん!内線二番にお電話です」

もみじ「はーい!お電話変わりました、‥え?、あ、失礼しました。ただ今担当の者と変わりますので‥」

しばらくして

もみじ「ちょっと、新人くん!紅葉(めいぷる)宛の電話だったよ!もう今月だけで3回目だよ!ちゃんと確認してって言ってるでしょ!!」

新人「し、失礼しました!」

休憩中

新人「誰も山村めいぷるいると思わねーわ」

  

お客様の名前確認

新人「恐れ入りますが、お名前の読み方を確認させて頂きたいのてすが、夢に姫と書いて‥ゆめ‥ひめ‥様でしょうか?」

電話口「いえ、夢がぷで、姫がりんで、ぷりんです!」

新人「え?し、失礼しました!再度確認させて頂きます。ぷりん様ですね、大変失礼いたしました!」

通話終了後

「ふー‥。何が夢がぷで姫がりんだよ、そんな読みねーわ」

 

議事録作成

上司「新人くん、ちょっと来てくれる?」

新人「はい!」

上司「昨日作ってもらった議事録なんだけど、羽藤課長の名前間違ってたよ。希星(きてぃ)じゃなく、姫星(きてぃ)だからね。」

新人「し、失礼しました!」

上司「以後、気をつけて。あの課長、怒ると恐いから。他にもいくつか修正したから、それ反映させたらもう一度見せて。そしたら翔馬(ぺがさす)部長に確認してもらおう」

新人「はい、承知しました。」

上司「よろしく。そういや昔、社長の名前間違えて、白熊にしてた奴がいて、相当絞られてたなぁ(笑) あ、午後一で黄熊(ぷう)社長の講話だから、遅れないようにな。」

新人「はい!」

新人「‥この会社やめようかな。」 

(参考資料:2016年年間 キラキラネームランキング

以下のエントリーから着想を得ました。

そして20代、まだまだ若いので入社した会社でもキラキラネームが話題のきっかけになるかもしれません。でも、30代・40代とどんどん歳をかさねていくと、どうでしょう。


読めない名前は苦労するので子供にキラキラネームをつけたくない - めがね主婦の日常

 

おしまい。

人見知り長男と人たらし次男

うちの長男は、THE人見知り。

近所の人に挨拶されても小声で返せれば上出来で、親の後ろに隠れるか、場合によっては聞こえないふりをするような感じ。

小学生上がるまでに近所の人に挨拶することが目標。

 

これは、完全に私の遺伝子で、子供の頃から人見知りだった。さすがに、社会人になり、親となった今では、初対面でも割りと話せる感じになりましたが。まぁ、年とって鈍感になったのもあるのかも。

 

一方、うちの次男は、THE人たらし。

保育園で知らないお母さんに「いつも笑わせてくれます」と言われる始末。芸人かよ。

さらに、1つ年上の子たちが話す下ネタを、自分のクラスで広めてしまい、保護者会でそのことが紹介される始末。そのおバカさに爆笑されながら平謝り。

 

こちらは、妻の遺伝子で、根っからの人好き、人たらしと言って過言でない。

実家が古くからその土地に根付いてて、正月、盆、彼岸にはひっきりなしに親戚ご近所さんが出入りする環境で育った。街中で見たことないおじさんに大きくなったね、と言われる日常の一コマ。妻いわく、知らないおじさんおばさんと渡りあうためには、恥ずかしがってる暇はない、会話の中でいかに自分を売り込めるかの勝負だとのこと。もうどこの若手芸人なんですか。

 

こんな極端な夫婦の血がほどよく混ざりあって欲しかったのに。。

 

そんなわけで、私は、人見知り長男の気持ちが痛いほど分かるが、人たらし次男の言動はもう別の惑星の人かなと思うことがしばしば。

逆に、妻は、人たらし次男の気持ちが恥ずかしいくらい分かりつつもっとやれ!と思う一方、人見知り長男の言動は理解できないとモヤモヤすることがしばしば。

 

この前あった、保育園の保護者会では、長男のクラスのお友だち相関図なるものを見て、

私「○○くんともお友だちなんだ~(ニコニコ)」

妻「長男から伸びる線、他の子よりも少ない!(ケシカラン)」

そこには目をつぶって誉めてあげて!最大限誉めてあげて!と内心叫ぶけど、声に出したらご飯なくなりそうなのでやめておく。

 

一方、次男のクラスにお友だち相関図はなくてホッとしたものの、もしそんなの作ったら、彼を中心に放射状に線が伸びる異常事態が目に浮かぶ。後光が差してるのか?教祖様なのか?

 

こんな兄弟の様子を比べてみるだけで、面白い発見が多い。

最近気づいたのは、人見知り長男は慎重に言葉を選び会話に正しさを求めるが、人たらし次男は正しさよりも会話が楽しければそれでよいということ。

 

例えば、長男に「今日は誰と遊んだ?」と聞くと、少し思案顔をした後、「忘れちゃった」ととぼけるか、次男の名前を答えておしまい。いや、実際に兄弟で遊んでるから間違いないではないんだけども‥。

そこで、次男に同じことを聞くと、「○○くんと、△△ちゃんとetc.」と止まらない。で、それを聞いてた長男がたまらず「○○くんだけ。△△ちゃんは今日お休みでしょ」と止めに入る。でも、次男はあっけらかんと「あ、そっかそっか」みたいな。

親からしたら、長男に聞いたとき○○くんと答えて欲しいとやきもきもするわけですが。 

 

これを見てて、ふと、人見知りは会話が成功することを求めがちだけど、人たらしは会話することでもう成功としてるんじゃないかと思った。さらにいうと、人見知りは会話の内容に成功を求めて失敗を恐れるが、人たらしは会話することに貪欲でその内容が成功か失敗か知ったこっちゃない感じ。あんまり一般化するのもなんだけど。

 

そんな次男が今ハマってる言葉が

「おっけ、オッケー」

「すいません、すいませーん」

 軽い、軽すぎる。父さんは少し心配です。

 

おしまい。

子を信じるということ

このエントリー読んで、こんな形でいじめが解決することもあるんだなぁ、と素朴に感じた。
一方で、いじめの解決につながった、いじめっ子の親が発したこの言葉に、もやもやした。
「うちの娘はいじめなんてしません!私は娘の言葉を信じます!」
この盲目さが、結果的にいじめをやめさせた訳だけど、そもそも、いじめっ子が生まれた一因にもなったのではないか、と。

確かに、親が子を信じることは、大事なことだし、その子の自己肯定感を育む土壌でもある。
でも、それは、その子の良いとこも悪いとこもひっくるめて分かっていて、その上で、その子の味方であり続けるという意味の、信じることなんじゃないかなと思う。
また、それは、決して清濁併せ呑むのではなく、その子が悪いことをしたかどうかを見極めた上で、悪いことは悪い、そうでなければ信じ抜くという、その子を肯定することなんだと思う。

それに対して、盲目的に「娘の言葉を信じます!」と言い切るのは、「娘が悪いことをするはずがない」という単なる親の期待を押し付けているだけであって、当の本人からしたら「やっぱり、わかってない」 感を募らせるだけなのではないか、と。
そして、その子が、親の期待に応えるだけの能力があればあるほど、歪んだ形で自己肯定感が欠如してしまい、潜在的にいじめっ子になりやすいのではないかと邪推した。

 

今回の場合は、いじめっ子とはいえ心の優しい子だったから、親の期待にプレッシャーを感じたことで、いじめをやめることにつながり、めでたしめでたしだった。
でも、これが心の優しさを忘れてしまった子だったら、どうなったのだろう。

二人の子を育てる親として、自戒の念も込めて、書き残してみた。

おしまい。

「帝王切開出産が人類の進化に影響」の影響について


帝王切開出産が人類の進化に影響=オーストリア研究者ら - BBCニュース

この記事には何にも文句はないし、タイトルだって間違ってるとは思わない。

なぜなら、「より小さな赤ちゃんが生まれやすいという進化の選択を促す力は、帝王切開で消え去った」という医師の指摘とともに「医療の介入を批判するわけではない。しかし、進化への影響はあった」と正確に伝えているから。

 

でも、でも!と思ってしまう自分がいる。

 

世の中には、未だに「産道通っていない子は‥」とか、「産みの苦しみ味わってないのは‥」とか、他人の状況を考慮しない、心ない言説が生きていることも事実。

そのような言説を盲目的に信じてる人や、何となくそうなんじゃないかと思ってる人に、今回の情報はどう映るのだろうか。

 

また、わが子二人を帝王切開で授かり、妻がそのことで悩んだことを身をもって知っている者として、そんな風に考えてしまうことへの罪悪感みたいなものもある。

たぶん、その根っこには、自然は自然のままにという潜在意識があって、それが進化への影響にネガティブなイメージを生じさせているのかもしれない。

 

とにもかくにも、「医療の介入を批判するわけではない。しかし、進化への影響はあった」という点がおいてけぼりにされないように願ってやまない。

 

おしまい。

オタサーの姫なんちゃらに関する一男性のごく個人的見解

物凄く納得。それと同時に擁護コメントしたくていてもたっていられなくなり、記事にしてしまった。

 

まず、これ。

礼儀としてキャバテクを使うんだと思う。

相手が自慢話したら「すごいですね!」、昔話したら「知りませんでした!」みたいなやつね。

そうか、女性から見たらキャバテク、姫にとっては礼儀、オタクから見たら俺に気があるんじゃまいか、と見事なまでに三者の意識がすれ違う現実を見事にとらえており、世の中の縮図をみた気分。

なお、姫にとっては、身を守るための護身術的とも言えるのかなとも思った。

 

そうすると、これも、見事なスレ違いなんじゃないかと。

「新色買ったんだよね」「え!どんな感じ?見せて!」みたいな感じの対等なノリが身についてないんだと思う。

つまり、女性には当たり前なノリ、姫には未習得の技、オタクにとっては理解不可能な会話という感じ。

仮に、この会話、もしオタク同士だったら、

「(ゲームの)新作買ったんだよね」

「オウフwwwこないだ散々disっときながらwww まぁ、本作は前作までと違うレビューもあり、ウンヌンカンヌン」

みたいな(笑)

ノリなし、共感なし、評価の押し売りみたいな早口声高めな会話が目に浮かぶ。

もちろん、当人達が楽しいなら、外野がとやかく言うことじゃないけど。

 

極めつけがこれ。

「姫」が女子同士の対等なノリを身につけると、潮が引くように取り巻きが消えたりする。

自分の理想から外れた途端に興味をなくす、これだからリアルは‥と逃げ出す、まさにオタクの中のオタク、正統派オタク、よっ!伝統芸能!といった感。

 

で、 最後がこれ。

特定の女性がチヤホヤされてる状況を気分良く感じる女性はたぶんいないと思う。

唯一惜しむべきは、主語が女性なもんだから、ババアの僻みだなんだとの不当な謗りを受けやすいこと。

しかし、こうだったらどうだろう。

「特定の女性がオタク達にチヤホヤされてる状況を気分良く感じる人はたぶんいないと思う。」

誰しも納得できるのではないだろうか。

 

まぁ、最後の理想論については、それが出来たら、オタサーで姫をチヤホヤしたりしてないので、こればっかりはしょうがないのかなと。

姫をチヤホヤするより他の女性を連れてきてくれるよう頼むべき。理想論だけど。

おしまい