読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google先生にインド人認定された件

Googleで「身につまされる」の意味を調べたら、こんな結果に‥ グジャラート語!? グジャラート語はインド西部のグジャラート州の公用語で、インド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。 現場からは以上です。

2060年とある企業の人事

金融大手のAHGは25日、傘下のAHG銀行頭取に国際部門を担う森野黄熊(ぷう)専務執行役員(58)が昇格する人事を発表した。AHG社長には同行の草野頼音(らいおん)頭取(62)が就き、新設する最高経営責任者(CEO)も務めてグループ全体を…

2050年とある会社での日常

読み間違い 上司「これ、隣の部署の一ノ瀬君に届けてくれる?」 新人「はい!承知しました!」 新人(あ、この人の名前、兄貴と一緒だ) 隣の部署にて 新人「お仕事中、失礼します。一ノ瀬輝星(だいや)さんでしょうか?××課の○○より書類をお持ちしました。」 …

人見知り長男と人たらし次男

うちの長男は、THE人見知り。 近所の人に挨拶されても小声で返せれば上出来で、親の後ろに隠れるか、場合によっては聞こえないふりをするような感じ。 小学生上がるまでに近所の人に挨拶することが目標。 これは、完全に私の遺伝子で、子供の頃から人見知り…

子を信じるということ

このエントリー読んで、こんな形でいじめが解決することもあるんだなぁ、と素朴に感じた。一方で、いじめの解決につながった、いじめっ子の親が発したこの言葉に、もやもやした。「うちの娘はいじめなんてしません!私は娘の言葉を信じます!」この盲目さが…

「帝王切開出産が人類の進化に影響」の影響について

帝王切開出産が人類の進化に影響=オーストリア研究者ら - BBCニュース この記事には何にも文句はないし、タイトルだって間違ってるとは思わない。 なぜなら、「より小さな赤ちゃんが生まれやすいという進化の選択を促す力は、帝王切開で消え去った」という…

オタサーの姫なんちゃらに関する一男性のごく個人的見解

物凄く納得。それと同時に擁護コメントしたくていてもたっていられなくなり、記事にしてしまった。 まず、これ。 礼儀としてキャバテクを使うんだと思う。 相手が自慢話したら「すごいですね!」、昔話したら「知りませんでした!」みたいなやつね。 そうか…

うつの原因に改訂学習性無力感理論てのもありますよという話

こちらの記事を読んでて、他にも改訂学習性無力感理論てのもあるよ、と自分の覚書もかねてまとめてみた。 そもそも学習性無力感(LH)とは、てとこは上のブログを見ていただくとして、省略。 人間の例を補足すると、正答のない問題を与え、その回答が誤りです…

「ワンオペ育児」と名付ける必要性

正直なこと言うと、「私のことだ」ていう別の話題を彷彿とさせる表現と媒体名見て、「うげっ!」て胃もたれしたけど、この名付けとその意義には、全力で同意せざるを得ない。 はっきり言って、共働きでワンオペとか、無理ゲーにもほどがある。自分なんかは、…

動物の死に様を見世物にすること

http://anond.hatelabo.jp/20161129232307↑いちいち誇張しすぎの増田の超理論なんで、個別にツッコミ入れるのは野暮だし、動物愛護やらカニバリズムやらは単に論争呼びそうなワード使ってる感じなんでスルーの方向で。 ただ、確かに「感謝して食べるからいい…

ダイバーシティとLGBTと色の話

ダイバーシティとLGBT どっちも日経新聞が大好きなワードなのに、前者はおじさんがどや顔で使って、後者はあまりそうでないという自分観測に基づき、こんなやりとりを思いついた。 おじさん「これからはダイバーシティが大事だよな(どや顔)」 若い人「そうで…

昔を大事にしろ教徒があとを絶たない理由

他人の便利にNO!と言いたがる人を読んで、ふと思いついたことを備忘録的に書いてみた。 いわゆる昔を大事にしろ教徒があとを絶たないは、「私たちの代で辞めたらなんか損じゃん!」という足の引っ張り合いが確かに要因ではあるけれど、本当にそれだけなのか…