読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの原因に改訂学習性無力感理論てのもありますよという話


こちらの記事を読んでて、他にも改訂学習性無力感理論てのもあるよ、と自分の覚書もかねてまとめてみた。

 

そもそも学習性無力感(LH)とは、てとこは上のブログを見ていただくとして、省略。

人間の例を補足すると、正答のない問題を与え、その回答が誤りですよとフィードバックする形(認知的課題)でもLHが生じることが確認されている。 この場合、

  • 「どうせこれも解けない問題だ」(動機付けの低下)
  • 「自分には解けるわけがない」(認知の歪み)
  • 「何もかもダメだ」(抑うつと不安の感情)

という問題が生じる。ここから、LH現象とうつ病とは類似点が指摘され、LH理論がうつ病のモデルとして応用できる可能性が示され、研究が進んだ。

 

しかし、認知的課題では一貫した結果が得られないという問題があった。つまり、正答のない課題を与え解かせる経験が、むしろ、その後の課題解決にブラスの影響を与える場合もあるということ。難しい課題に燃えてくる熱いやつもいるということ。

 

そこで、同じ状況を経験しても、個人によってLHに陥る場合とそうでない場合がある点を説明すべく、自分の行動が結果に結びつかない原因を何に帰属させるかの傾向につき、以下の3つの観点に注目したのが改訂LH理論。

  • 内的ー外的:原因が自分自身にあるのか、自分以外の他人や状況・環境にあるのか
  • 安定ー不安定:永続的にいつまでもあり続ける固定的なものなのか、一時的で状況によって変動するものなのか
  • 全体ー特殊:どのような出来事についても共通して起こりうる一般的なものなのか、特定の場面だけに限定された特殊なものなのか

改訂LH理論では、内的・安定・全体に帰属するほど、LHを強く生起すると説明する。

例えば、仕事で失敗を繰返したとき、自分のミスだ(内的)・今後も失敗を続けるのだろう(安定)・全体何をやっても失敗するだろう(全体)と思ってる方が、LHに陥りやすい。

一方、同じように仕事で失敗を繰返しても○○さんのせい、不景気のせい(外的)・次は失敗しないよ(不安定)・今回はイレギュラーな案件だった(特殊)と思ってると、LHには陥りにくいということ。

 

このように書くと、メンタルヘルスのためには、無責任で楽観的な言い訳野郎を推奨してるみたいだけど、そうではない。単にそういう人がうつ病になりにくいと言うだけ。さらに、極端に振れすぎてると、他人を潰しかねないので、却下。

 

さらに、改訂LH理論では、抑うつ傾向の強い人は、成功した出来事に対して、外的・不安定・特殊としがちな一方、失敗した出来事に対して内的・安定・全体としがちな特有の原因帰属スタイルをとることが指摘されている。

要するに、悪いことが起こると、何でも自分のせい・今の状態はずっと変わらない・他のことにまで一般化しすぎてる傾向がある一方、良いことが起こっても、自分の力ではない・次も成功するとは限らない・今回はラッキーなだけとする傾向があるということ。

もし、当てはまってたら、LHに陥りやすくなるので、要注意!

 

で、個人的にオススメしたいのは、

良いことが起こったら、

  • 根拠もなく自分のおかげと思い込む
  • 根拠もなく次も成功すると決め付ける
  • 根拠もなく成功体験を一般化する

ように意識してみるということ。

普通、悪いことが起こったときの認知を変えようとしがちだけど、それはかなり負荷が高い。なぜなら、抑うつの傾向がある人は、悪いことが起きた時点でかなりダメージ受けてるわけで、その状態で変化を求めるのは、ハードル高くて挫折するだけ。最悪の場合、その挫折感がとどめをさしかねないので。

 

なお、アドバイスが自己啓発本と変わらないのは自分の凡庸さのせい。

 

おしまい。