読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「帝王切開出産が人類の進化に影響」の影響について


帝王切開出産が人類の進化に影響=オーストリア研究者ら - BBCニュース

この記事には何にも文句はないし、タイトルだって間違ってるとは思わない。

なぜなら、「より小さな赤ちゃんが生まれやすいという進化の選択を促す力は、帝王切開で消え去った」という医師の指摘とともに「医療の介入を批判するわけではない。しかし、進化への影響はあった」と正確に伝えているから。

 

でも、でも!と思ってしまう自分がいる。

 

世の中には、未だに「産道通っていない子は‥」とか、「産みの苦しみ味わってないのは‥」とか、他人の状況を考慮しない、心ない言説が生きていることも事実。

そのような言説を盲目的に信じてる人や、何となくそうなんじゃないかと思ってる人に、今回の情報はどう映るのだろうか。

 

また、わが子二人を帝王切開で授かり、妻がそのことで悩んだことを身をもって知っている者として、そんな風に考えてしまうことへの罪悪感みたいなものもある。

たぶん、その根っこには、自然は自然のままにという潜在意識があって、それが進化への影響にネガティブなイメージを生じさせているのかもしれない。

 

とにもかくにも、「医療の介入を批判するわけではない。しかし、進化への影響はあった」という点がおいてけぼりにされないように願ってやまない。

 

おしまい。