読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2050年とある会社での日常

読み間違い

上司「これ、隣の部署の一ノ瀬君に届けてくれる?」

新人「はい!承知しました!」

新人(あ、この人の名前、兄貴と一緒だ)

隣の部署にて

新人「お仕事中、失礼します。一ノ瀬輝星(だいや)さんでしょうか?××課の○○より書類をお持ちしました。」

一ノ瀬輝星「あ、そこ置いといて」

近くにいた先輩が慌てた様子で引き止めて、

先輩「ばか!だいや先輩じゃなく、べが先輩だよ!気をつけろよ!べが先輩優しいからスルーしてくれるけど、気にしてんだから」

 新人「し、失礼しました!」

 

同性同名

電話口「もみじさんお願いします」

新人「はい、ただ今お繋ぎいたします。少々お待ち下さい。山村さん!内線二番にお電話です」

もみじ「はーい!お電話変わりました、‥え?、あ、失礼しました。ただ今担当の者と変わりますので‥」

しばらくして

もみじ「ちょっと、新人くん!紅葉(めいぷる)宛の電話だったよ!もう今月だけで3回目だよ!ちゃんと確認してって言ってるでしょ!!」

新人「し、失礼しました!」

休憩中

新人「誰も山村めいぷるいると思わねーわ」

  

お客様の名前確認

新人「恐れ入りますが、お名前の読み方を確認させて頂きたいのてすが、夢に姫と書いて‥ゆめ‥ひめ‥様でしょうか?」

電話口「いえ、夢がぷで、姫がりんで、ぷりんです!」

新人「え?し、失礼しました!再度確認させて頂きます。ぷりん様ですね、大変失礼いたしました!」

通話終了後

「ふー‥。何が夢がぷで姫がりんだよ、そんな読みねーわ」

 

議事録作成

上司「新人くん、ちょっと来てくれる?」

新人「はい!」

上司「昨日作ってもらった議事録なんだけど、羽藤課長の名前間違ってたよ。希星(きてぃ)じゃなく、姫星(きてぃ)だからね。」

新人「し、失礼しました!」

上司「以後、気をつけて。あの課長、怒ると恐いから。他にもいくつか修正したから、それ反映させたらもう一度見せて。そしたら翔馬(ぺがさす)部長に確認してもらおう」

新人「はい、承知しました。」

上司「よろしく。そういや昔、社長の名前間違えて、白熊にしてた奴がいて、相当絞られてたなぁ(笑) あ、午後一で黄熊(ぷう)社長の講話だから、遅れないようにな。」

新人「はい!」

新人「‥この会社やめようかな。」 

(参考資料:2016年年間 キラキラネームランキング

以下のエントリーから着想を得ました。

そして20代、まだまだ若いので入社した会社でもキラキラネームが話題のきっかけになるかもしれません。でも、30代・40代とどんどん歳をかさねていくと、どうでしょう。


読めない名前は苦労するので子供にキラキラネームをつけたくない - めがね主婦の日常

 

おしまい。